身長 伸ばす 食べ物

子供の身長が伸びるしくみ

 

私たち人間は大人に向かって成長していくにつれて、身長が伸びて体重が増えていくこととなります。そんな身長が伸びるといったメカニズムについてみていきたいと思います。身長を伸ばしていくためのアプローチとして、体の仕組みを知ることから始めていきましょう。

 

子供の体というのは、乳幼児から小学生、中学生、高校生といった3段階に分けて徐々に成長していくこととなります。そのなかでも身長は乳幼児期と小学校高学年から中学生で迎える思春期に一番伸び幅が大きくなります。身長が伸びる体の仕組みについてまずはみていきましょう。身長というのは、足の骨や背骨が伸びることによって高くなるものです。

 

身長は骨が成長していき長くなることによって伸びます。骨にはとなりの骨と連結している部分に「骨端線(こつたんせん)」と呼ばれる軟骨があって、これが成長することによって身長が伸びていくわけです。子供時代の骨端線というのはとても柔らかく、伸びやすい状態となっています。でもその伸びというのも10歳から13歳頃をピークとして、段々と小さくなっていくでしょう。そしてある時期に達してしまうと固まってしまい伸びなくなります。

 

大人になると身長というのはほとんど伸びなくなりますが、その理由こういった体のメカニズからそうなるのです。新生児の頃の身長というのはだいたい50cmほどとなります。4歳になる頃には新生児のおよそ2倍まで成長し、その後は緩やかに伸びていくこととなります。そして小学校高学年(男子の場合は中学生)の思春期を迎えると、身長はまた急速に伸び始めていきます。

 

この時期の伸び幅というのは、男子であれば1年で10cm、女子であれば5〜7cmくらいと言われています。また思春期の生活により、身長の伸びが変わると言われています。骨端線が成長していくには、骨に必要とされる栄養素のほかに成長ホルモンや甲状腺ホルモン、性ホルモンといった3つのホルモンが必要となります。成長ホルモンは脳下垂体から分泌されていて、骨の成長を進めていく「成長因子」をつくり出します。これが骨へと働きかけ、骨を成長させていくのです。

 

子供の身長を伸ばすための3つのツボ

 

子供の身長をどうにかして伸ばしたいと思っている親御さんは多いでしょう。そんな時はツボを押してあげるとよいと言われたことはありませんか?ツボを押して身長が伸びるんだろうか、そう疑問に思うことでしょう。実は子供の身長を伸ばすツボというのはちゃんと存在しているのです。

 

その仕組みというのは実に簡単なもので、ツボを押すと身長を伸ばすために役立つホルモンの分泌が増えていくのです。そうした結果、子供の身長にも影響してくるだろうということなのです。子供の身長を伸ばすだろうと言われているツボは3つほど存在します。それぞれの場所についてみていきましょう。

 

1つめは、親指の裏にあるツボです。このツボを刺激してあげると成長ホルモンを積極的に分泌してくれるようになり、ストレスの緩和にもつながっていきます。 間接的ではありますが背を伸ばすには大変効果的です。

 

2つめは、親指の付け根の下にあるツボです。親指の付け根の下に、少し盛り上がったところがあると思います。押してみると少し痛い部分が身長を伸ばすツボです。このツボは刺激すると骨の成長を促進させる効果があります。

 

3つめは、土踏まずの上にあるツボです。土踏まずのやや上あたりに柔らかい部分があると思いますが、ここが3つめのツボになります。このツボを刺激してあげると、身長を伸ばすのに必須とされるタンパク質を吸収しやすくしてくれて、骨を成長させてくれるホルモンを分泌しやすくしてくれるのです。

 

小学生の足の大きさと身長の間の関係性

 

足の大きさと言われている足の足底部の成長が、ほぼ止まってしまうのはだいたい16〜17歳くだいだと言われています。普通であれば、足の大きさ(靴のサイズ)が徐々に大きくなりだすと、それに応じてに身長も伸びていくものです。ですから自分の子供の足が小さいからといってあまり大きくならないだとか、他の子供と比べて足が大きいから将来は身長が伸びるだろうだとか、足の大きさで最終身長の予想を立ててしまう親御さんも多いようですね。

 

でも現実には足の大きさによって最終身長の予測をする方法や、足の大きさと身長の間には関係性が見られるといった報告や研究結果は今のところ出ていないようです。手や他部分の骨と同様に、足の骨においても何歳になったらどこの骨が形成されるという順番がありますので、骨年齢を判定するためのポイントにはなります。

 

でも足の骨というのは手の骨ほど細かくはありませんので、レントゲンを撮影し調べてみたとしてもそれほど意味がありません。もしも足の大きさと身長の高さの間に何か関連性が見つかるのであれば、それらを使い、その子供の将来の最終身長や予測身長を求める研究が世界規模においてされているはずでしょう。ましてやヨーロッパのアスリート育成においては、選びぬかれたエリートをさらにもっと教育していく上において、その子にさらに投資価値があるのかをとても重視していますから、予測身長の研究というのはかなり進んでいることでしょう。

 

それほど研究が進んでいても、未だに足の大きさで最終身長を予測する方法というのが世界中のどの国においても使われていないというのは、やはり足の大きさと身長の間には何の関連性も存在しないということを示しています。人体の骨というのは、成長していく順番に違いはあったとはいえ、成長の最終時点においてはすべての骨がバランスよく同様に成長していきます。仮に足の骨が先に成長が止まっているのに、背骨がいつまでも伸び続けていくと、胴長短足なダックスフンドのような体型となってしまうでしょう。

 

身長の伸び悩みの停滞期にやるべきこと

 

身長の伸びが止まったように感じられる、そんな不安を抱える成長期の男子学生は意外と多いようです。それに子供の身長がなかなか伸びずに心配になっているご両親もたくさんいらっしゃるようですね。最初に身長の伸びが一番良いとされる時期についてみていきましょう。

 

男であれば15歳までが伸びのピークとされます。女子であれば13歳までが伸びのピークとされます。その時期を過ぎると、基本的には急激な身長の伸びというのは期待出来ないとされています。もちろん個人差がありますが。更に言えば、男子ならは13歳からの時期が最も伸びやすく、女子なら11歳からの時期が最も伸びやすいと言われています。

 

もし15歳や13歳までのピーク時までに伸びが止まってしまうのならば、それは停滞期といえるかもしれません。停滞期というのは、一時的に伸びが悪くなってしまい、その後また伸びるといったことが多いようです。そんな身長が停滞してしまう理由とはいったい何なのでしょうか。身長が伸び悩む確かな理由というのは存在しないのですが、身長は決まって伸びるというわけではないのです。ピーク時というのは確かに大きく伸びやすいのですが、伸びる時期もあれば逆に伸びにくくなってしまう時期もあります。

 

例えばずっと伸び続けていくとなると、みんな早い段階から高身長となってしまいますよね。必ずしも一定の間隔で伸びるといったものではなくて、その伸びにくくなってしまう波のことを停滞期と呼んでいます。でもこの停滞期間というはどのくらい続くのかといったら、それは個人によることとなりますのでハッキリした答えはありません。

 

身長を伸ばすストレッチについて

 

もうちょっとだけ身長が高ければ、そう思っている人は結構いらっしゃいますよね。どうしても着てみたい服はあったとしても、身長のせいで買うのを諦めてしまうこともあるでしょう。身長をもっと高く見せたいと思い、無理してヒールの高い靴ばかりを履いてしまうこともあるでしょう。ですがいくらカルシウムを摂取しても、成人を過ぎた頃になると骨の成長も止まってしまうために、身長を伸ばしていくことは不可能に近いだろうと言われています。

 

そうはいっても人間の身長というのは、普段の姿勢の悪さ等が原因となって数センチ縮まっているらしいようなのです。この部分にはまだまだ可能性があるのではないでしょうか。そうなんです。この縮まった身長を伸ばしていくのに有効とされているのがストレッチなのです。身長を伸ばすといってしまうと、多少語弊があるかもしれません。

 

でもストレッチをしていくことにより、歪んだ骨格を矯正していき、本来の身長へと戻していくことが可能となります。それからストレッチは血液の流れを促進させていき、成長ホルモンの分泌を促進させるような効果もあります。だから成長期のお子さんにとってもおすすめ出来るのです。そんな姿勢をよくし、身長を伸ばすために役立つようなストレッチを教えていきたいと思います。たくさんの人が無意識に行っている姿勢やクセなどにより、背骨は歪みやすく背中の筋肉に負担がかかってしまいます。

 

背骨の歪みというのは身長が伸びにくくなる原因ともなりますから、しっかりストレッチしましょう。デスクに向かっている際は、アゴを突き出して背中が丸まっていたり、イスに座っている際に脚を組んだり、ひじをついている等の悪い姿勢で縮んでしまった背中の筋肉を、ストレッチで伸ばして緩めてあげることが身長を伸ばすためには必要となります。